トップ > しゃきょんのページ

しゃきょんのページ

南アルプス市社協マスコットキャラクター「あったかい犬(けん)しゃきょん」

「あったかい犬(けん)しゃきょん」プロフィール

生年月日: 2011年2月9日(水)午前4時(ニッコリイイフクシ)
キャッチフレーズ: あったかい犬(けん)「しゃきょん」
特技・趣味: 南アルプス市のみんなに可愛がってもらうこと
性格: あったかい心がウリ
会える場所など: 南アルプス市社協広報誌、印刷物、事業など

次回「しゃきょん」に会えるところ・・・ 

「あったかい犬(けん)しゃきょん」が誕生した理由、名前の由来

 南アルプス市社協をもっと身近に、親しみやすく感じてもらうため、広く市民の方々に募集しました。募集にあたっては、南アルプス市にゆかりのある甲斐犬をモチーフに、あったかい(甲斐)犬として市民のみなさんへ募集し、「しゃきょん」が誕生しました。

「あったかい犬(けん)しゃきょん」のポイント、性格、込められた思い

 甲斐犬は黒い色をしていますが、「しゃきょん」はあったかい心があふれ出して、体の色まであったか色(オレンジ色)になって誕生しました。ちょっと太めですが、南アルプス市のみんなが大好き!!みんなともっと仲良しになりたいと思っています。
イラストなど社協の配布物等に積極的に活用し、着ぐるみも作成しました。

「あったかい犬(けん)しゃきょん」のエピソードや活躍の場

 とっても大きな「しゃきょん」は、最初は怖がって泣いてしまう子供たちも、時間が経つと抱きついてしまうくらいかわいらしいです。南アルプス桃源郷マラソンにも参加しました。
 平成24年5月1日に「しゃきょんの家下町」という小規模デイサービス・地域交流拠点施設をオープンさせました。「しゃきょん」と共に地域に愛され、信頼される社協を目指します。

▲ページのトップへ